【ピクトマニア】ルール解説とプレイ!【ボードゲーム紹介】

ボードゲームピクトマニア 新版 日本語版 (Pictomania second edition)

マーマンAsobiブログへようこそ!!

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】の動画に沿ってルールの解説と実際のゲームプレイの様子をお送り致します!!

今回はこちらの動画に沿って説明等していきます!!こちらもぜひご覧ください!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ゲームの概要

忍者の絵は描けるかい?

⇒無理です

では…忍者っぽい絵なら描ける?

⇒ギリギリ

それなら大丈夫!!
お絵描きゲームだけど絵が上手い必要はなし!!

あなたが描いた忍者を侍と間違う人がいなければよいのです!

・ゲームの準備

※プレイ人数により多少異なりますが、今回は3人でやる場合の説明になります。


プレイヤーはそれぞれ好きな色を選び、その色の鉛筆、推理カード、点数トークンを受け取る。
⇒点数トークンは人数に応じて異なり、3人プレイの場合は2点1枚、1点1枚を使用する。

またプレイヤーはそれぞれお絵描きシートを1枚ずつ受け取る。
⇒受け取ったシートは半分に折りたたんで、4ページの冊子状にし、各ラウンドで1ページずつ使う。


ラウンド毎にお題カードをランダムで3枚引いてカードホルダーに並べる。

7枚の数字指示カードと6枚のアルファベット指示カードを別々にシャッフルして山にしておく。

黒い点数トークンは人数に応じて異なり、3人プレイの場合は2点2枚、1点1枚を使用する。

・ゲームの流れ

・2種類の指示カードの山を別々にシャッフルし、各プレイヤーにアルファベット指示カードと数字指示カードを1枚ずつ配る。

⇒配られたカードはそのプレイヤーだけが確認し、配られなかったカードは裏向きのままわきによけておく。

・プレイヤーはそれぞれ自分に配られた数字とアルファベットを確認する。

⇒アルファベットは、3枚あるお題カードのうちどれを読めばいいのかを指示している。数字は、そのカードの中のどのお題を読めばいいのか指示している。

例:アルファベット指示カード“B”、数字指示カード“4”が配られたら

カードホルダーの“B”にあるお題カードの“4”に書いてあるものが、そのプレイヤーのお題になる。

・自分のお題が分かったら、配られた2枚の指示カードを裏向きに重ねて自分のお絵描きシートの前に置いておく。

・準備が整ったら、自分のお絵描きシートに全員同時にお題の絵を描く。

・描き終えたら鉛筆を置いて、お絵描きシートを他のプレイヤーに分かるように出し、他のプレイヤーが何を描こうとしているのか推理する。

〇point〇
全員が描き終えるのを待つ必要はなく、描き終わる前でも推理をしてOK!
大事なのはスピードです!

・他のプレイヤーの描いている絵が何か分かったら、3枚のお題カードから該当するお題を探す。

・該当する番号の推理カードを、裏向きにしてその絵の前に置いてある指示カードの山に重ねて置く。

⇒この時、先に置かれた推理カードがあった場合はその上にカードを重ねて置く。

⇒どのカードなのかを推理して示すカードはなく、大事なのは“どの番号なのか”だけ!

・プレイヤーは全員のお題を当てる必要はない。

⇒推理を終えたら、テーブル中央の黒い点数トークンを素早く取る。

・テーブル中央の点数トークンを取ったら、そのプレイヤーにとってはこのラウンドはお絵描きも推理も終了です。

・最後のプレイヤーが推理を終え、点数トークンを取ったらラウンドは終わり、得点を計算する。

・各プレイヤーのお絵描きシートの前にある指示カードを丸ごと裏表ひっくり返し、答えを合わせをする。

・黒い指示カードはわきに置き、上から順に正解だったかを確認していく。

⇒正解だった場合、そのプレイヤーに残っている点数トークンのうち、最も点数の高い点数トークンを渡す。

⇒推理が誤っていたら点数トークンは渡さず、推理カードも返さない。
代わりに、間違っていた推理カードはテーブル中央に並べておく。

・受け取った黒い点数トークンや、正しい推理だった場合に受け取った点数トークンは自分のお絵描き用紙の右側に置いておく。

・最初に自分が持っていた自分の点数トークンは左側に置かれており、他の全てのプレイヤーが全員正しく推理した場合、何も残ることは無い。

⇒もし他のプレイヤーが推理できなくて自分の点数トークンが残っていた場合、その点数トークンの分だけマイナス点になってしまう。

・自分のお絵描き用紙の右側にある点数トークンから左側にある点数トークンを引いた点数がそのプレイヤーのそのラウンドでの得点となる。

・上記の流れで全4ラウンドゲームを行うが、ラウンド毎にお題カードの難易度が上がる。

・全4ラウンド終了時点で合計得点の最も高いプレイヤーの勝利。

・完全ルール

・第2ラウンドからは“完全ルール”が適用される。

・最も推理を間違えたプレイヤーは“ミソッカス”と呼ばれる。

⇒ミソッカスとなったプレイヤーは、黒い点数トークンを右ではなく左に置く。

つまり、黒い点数トークンがマイナス点になってしまう!

※最も推理を間違えたプレイヤーが複数いた場合、ミソッカスはいない。

・もしミソッカスではなく、描いた絵を誰も推理できなかったプレイヤーがいた場合は、そのプレイヤーは黒い点数トークンをテーブル中央に戻さなくてはならない。

つまり、黒い点数トークンの点数は得られない!

ゲームスタート!

それでは実際にやっていきましょう!

今回は第1ラウンドから“完全ルール”を適用しています。

・絵心ってなんですか?

第1ラウンドはまだお題が簡単ですね!

各プレイヤーはこの中からどのお題が割り当てられるのか…

一斉に自分のお題を描き始めた4人!

ヨウマンとダイマンは顔文字的な感じなので、“A”のどれかではありそう!

マーマンの絵は“B”のどれかっぽいですね…

最後に推理を終えたのはマーマン!

黒い点数トークンはヨウマン、ダイマンが2点、マーマンが1点を獲得した!

これがこのままプラスになるかはまだ分かりませんけどね…

まずはマーマンのお題発表!!

マーマンのお題はB5の“コップ”でした!!

果たして正解者は…

6の“ティーカップ”と推理していたダイマンは不正解!!

ヨウマンは見事正解し、2点を獲得!!

まあティーカップにも見えちゃいますよね…

ヨウマンのお題はA3“怒る”でした!

果たして正解者は…

これは2人とも正解!!

推理の順番により、マーマン2点、ダイマン1点を獲得!!

これは簡単でしたね。
目がニコニコしてるのが猟奇的な感じもしますが

ダイマンのお題はA6“幸せ”でした!

果たして正解者は…

“笑う”と推理していたマーマンは不正解!

ヨウマンは見事正解し、2点を獲得!!

そして今回は“ミソッカス”は複数人いたため、該当者なし!

第1ラウンドの得点は

ヨウマン 6点

ダイマン 2点

マーマン 2点

第1ラウンドではすべての推理を正解し、自分のお題も全員に当ててもらえたヨウマンが6点で他2人に大きく差をつけた!!

第2ラウンドは難易度が上がります!

…すでに結構難しそう!?

それぞれ自分のお題を描くメンバー

…皆様はすでにお気づきだろうか?

そうです…私たちは…

全員絵心なし

私たち“マーマンAsobiチャンネル”には4人のメンバーがいますが、絵心ある人は1人もいません。

それなのになぜお絵描きゲームをやってるのかって?

それはこの世にたくさんいる“絵心のないボードゲーマー”たちを勇気づけるため、『こんなに絵が下手でもお絵描きゲームをやっていいんだ!』と思ってもらう為です!

…ということにしておきます。

・絵心なんかいらない

第2ラウンドでも最後に推理を終えたのはマーマン!

黒い点数トークンはヨウマン、ダイマンが2点、マーマンが1点を取った!

絵心も無く、推理も遅い。
君には何が出来るんだい…!?

マーマンのお題はA1“はたきをかける”でした!

果たして正解者は…

これには2人とも正解!!

推理順によりヨウマンが2点、ダイマンが1点獲得!!

分かればいいんだ!
下手でもいいんだ!伝わればそれでいいんだ!

ヨウマンのお題はC7“肉屋”でした!

果たして正解者は…

これも2人ともに正解!!

推理順によりマーマンが2点、ダイマンが1点獲得!!

これはヨウマン切り取りがとても上手かったですね。
結局は他にあるお題と区別できればいいわけですから、肉だけ描いておけば“肉屋”しかないですもんね。

ダイマンのお題はB5“クリーム”でした!

果たして正解者は…

残念ながら2人とも不正解!!

そして誰にも当ててもらえなかったダイマンの黒い点数トークンは没収!!

ダイマンごめん…これはさすがにわからん…

第2ラウンドの得点は

ヨウマン 4点

マーマン 3点

ダイマン -1点

ここでもヨウマンがリード!!独走態勢か!?

ダイマンは痛恨のマイナスに…

・最終関門

第3ラウンドはここでは省略いたします!

ちなみに全員マイナス点だったということだけお伝えしておきます…

気になる方は是非動画でご覧ください!!

そしてゲームは最終第4ラウンドへ!!

お題が最高難度の第4ラウンド…

はい。もうお題が難しすぎてわけわからないです。

全員本気です。

ダイマンが最後に推理を終え、黒い点数トークンはヨウマン、マーマンが2点、ダイマンが1点を取った。

マーマンのお題はB5“希望”でした。

ちなみにマーマンの絵に希望はありません。

ダイマンは見事正解し、2点を獲得!!

ダイマンなぜわかる…

今回一番の問題作と言ってもいいヨウマンの作品。

これの正解は…

ヨウマンのお題はC3“市議会議員”でした!

これには正解者なし!!

果たしてこの絵はどこがどうなっているのか…

それはゲーム終了後に判明します…

ダイマンのお題はA4“ボディーガード”でした!

果たして正解者は…

マーマンが見事正解!!2点を獲得!!

ダイマンの“ボディーガード”は第4ラウンドの中では比較的わかりやすい絵でしたね。
ええ。あくまでも“比較的”です。

第4ラウンドの得点は

マーマン 3点

ダイマン 2点

ヨウマン -3点

ヨウマンここで痛恨の-3点!

最終結果発表!!

最終結果

1位マーマン 7点

2位ヨウマン 6点

3位ダイマン 2点

最後はマーマンが大逆転勝利で1位に!!

正直、絵がひどすぎて勝った気はしていません…

・問題作

はい。では先ほどのヨウマン作“市議会議員”を解説していきましょう。

まず右側にいる人間の右側にあるのは“旗”です。

そしてこの人間はよく見るとタスキをかけています。

ようするに絵の右側は“演説中”を表しているんですね。

ここまでは100歩譲って分かります。

問題は絵の左側です。

これは“市”です。

よくわかる解説おわり。

まとめ

まず、大変お見苦しい絵をお見せしてしまい申し訳ございません。

ゲーム中3人の中では一番まともな絵を描いていたヨウマンが最後に大作を出してくるあたりはさすがでしたね。

『ピクトマニア』はもちろん絵が上手い人の方が有利かもしれませんが、ゆっくり描いてる時間もないし、あるいは自分以外が全員下手な人だと推理でめちゃくちゃ惑わされるので、必ずしも絵が上手ければ勝てるわけじゃないのが良いところだと思いました。

実際、今回のゲームでもトップクラスに絵が酷かったマーマンが最終的には勝ちましたし…

お絵描き系のゲームは絵が苦手だと牽制しがちですが、『ピクトマニア』なら気軽にできるかもしれません。

絵が最低レベルの私たちですらこんなに楽しめるわけですから!!

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】もどうぞよろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCBVqtgDiF_DVufeg7DAlkQw

【サブマーマンAsobiチャンネル】ではボドゲプレイのノーカット版も公開中!

https://www.youtube.com/channel/UC3QNlB-bzdVqWmdmB7k54Jw