【ボードゲーム】オススメの協力系ボードゲーム5つを紹介!【推しボドゲ】

マーマンAsobiブログへようこそ!!

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】の動画に沿ってオススメのボードゲームを紹介していきます!!

今回は【協力ゲーム編】ということで協力系ボードゲームを5つ紹介いたします!

普段は全員が敵で、1位を目指すのが多いボードゲームですが、みんなで一つの目標に向かって突き進む協力系のボードゲームも沢山あります。

最後にはみんなで喜んだり、みんなで悔しがったり出来るボードゲームを皆様にも体験して頂きたい!

そんな思いから今回は私たちが遊んだ中で特にオススメしたい5つのボードゲームを選びましたので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

今回はこちらの動画に沿って説明等していきます!!こちらもぜひご覧ください!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




Hanabi

まず1つ目のボードゲームは「Hanabi」

コチラのゲームは、協力系ボードゲームでもかなり有名で人気のゲームです。



それぞれが自分の手札を分からない状態で、他のプレイヤーに自分の手札を教えてもらいながら手札を出していくゲームです。

カードには様々な色の花火の絵、数字が描かれており、それぞれの手番ではいずれかのプレイヤーの手札の「色」もしくは「数字」を教えることが出来る。

そして手札から場にカードを出していき、ちゃんと数字の順番通り、同じ色の通りで並べていくことが出来るか!?というとてもシンプルなルールです。


〇オススメポイント〇
他のプレイヤーのどの色を、どの数字を教えるべきかがとても悩みます。
「今この情報はいらないだろう」とか考えながら、的確な情報を与えられるかがカギな気がします。

また、カードも花火の絵と数字のみでとてもシンプルなので、どなたでも遊びやすいのもオススメしたいポイントですね!!


プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約30分
対象年齢:8歳以上



オバケやしきのすうじのアクマ

二つ目のボードゲームは「オバケやしきのすうじのアクマ」

1~99のカードがあり、自分の手札の数字を言えない中で順番通りに数字のカードを出していくゲーム。

数字や数字に関わる直接的なことは言えないが、会話は出来るので、いかに自分の数字を表現できるか!?がカギになるゲームです!!

基本的には上側の2か所には数字が上がっていくように、下側の2か所には数字が下がっていくようにカードを出していかなければならないが、ちょうど10の差であれば数字を戻すことが出来る「10もどし」という必殺技がある!!


この「10もどし」などもうまく活用しながら、山札と全員の手札すべてを無くすことが出来ればプレイヤーたちの完全勝利となる!

〇オススメポイント〇
他のプレイヤーが持っている数字が分からない中で、今カードを出すべきなのは誰なのか!?という判断がとても難しいです。

数字はもちろん言えないので、今出てる数字と自分の持っているカードの差が「けっこう上がる」とか「少し上がる」とか「ちょっと上がる」とかそれぞれが表現するので、日本語って難しいな…っていう気持ちに陥ることが出来ます!(笑)

プレイ人数:1~6人
プレイ時間:15~30分
対象年齢:8歳以上



ザ・プロファイラー

3つ目のボードゲームは「ザ・プロファイラー」

みんなで力を合わせて正解のキャラを当てよう!!

テーブル上の6人のキャラクターの中から、プロファイラーが出す2つのヒントだけで一致するキャラクター1人を探し出す協力ゲーム!!

6人のキャラクターの中から、親が引いたのはどのキャラクターなのか?というのを分析する!

親のプレイヤーに、2つのお題に対してそれが<+5~-5>のどの位置にそのキャラクターが当てはまるのかを表してもらい、それをヒントに他のプレイヤーは分析していく。


例えば「公衆の面前で鼻をほじっていた」というお題のカードを親プレイヤーが「+5」に置いていたら、答えのキャラクターは「鼻をほじっているイメージがあるキャラクター」であることが予想できる。

ていうことは「仮面ライダー」と「くまもん」は無いだろう。とか予想して消去法で1枚ずつ消していき、最後まで答えのキャラクターを残すことが出来ればそのラウンドでは最大5点が稼げる!

〇オススメポイント〇
まず言いたいのが、登場するキャラクターが多種多様すぎる!!

芸能人からゆるキャラからスポーツ選手から漫画のキャラからディズニーのキャラクターまで!!
こんなに使って大丈夫なのか?というくらい様々な人物やキャラクターが出てきます!!

そんなキャラクター達をプロファイラーの勝手な解釈でヒントを出し、回答者の勝手な想像で答えを導き出す…もう面白そうですよね!?(笑)

プレイヤーそれぞれの、そのキャラクターに対する印象とかも全然違ったりするので、そこもこのゲームを楽しめるポイントだと思います!!

プレイ人数:3~8人
プレイ時間:30分
対象年齢:12歳以上



ドリームオン!

4つ目のボードゲームは「ドリームオン!」

みんなで夢の中の物語を作っていき、それを記憶するゲーム!

様々な絵が描かれたカードをそれぞれ手札に持ち、砂時計が落ちきるまでの間に手番関係なく自分の手札からカードを出して、次々に物語を紡いでいく。

砂時計が落ちきって物語を作り終えたら、今度はその物語を最初からみんなで思い出していく!!

これが全然思い出せないんです…(笑)

でも心配はいりません!
得点は低くなってしまうけど、思い出すときに他の人から答えを教えてもらうことも出来るので、みんなで力を合わせて高得点を目指しましょう!!!

〇オススメポイント〇
絵の種類がとても多く、様々な絵があるのでそれを使ってみんなで物語を作っていくのがまず楽しい!!

でも楽しみ過ぎて突拍子もない物語にしすぎると、本当に全然思い出せなくなります…(笑)

やはり物語の繋がりって大事だな…とつくづく実感させられます。

「物語を作る」「物語を思い出す」と2つの楽しみがある素晴らしいゲームです!

子どもとかの方が逆に得意かもしれないですね!!

プレイ人数:2-8人 
プレイ時間:15-20分 
対象年齢:7歳以上



宇宙逃げろ(そらにげろ)

5つ目のボードゲームは「宇宙逃げろ」


宇宙人から逃げて、みんなで目的地を目指す「超近未来型スゴロク」!!

ロケットや宇宙人などが描かれた6面ダイス6個を振り、みんなでマップを進んでいく。

ただ、黒い宇宙人の目を出してしまうと、宇宙人も進んでしまうのだ…

出目によって「誰が」「何マス」進めるのかが大きく異なってくるので、ダイスの振り直しや、マップにある様々なボーナスなどを活用しながら、みんなで逃げよう!!

でもマップ上には「後退」など良くないマスも…

みんなで一喜一憂しながら目的地を目指すので、盛り上がること間違いなし!!

〇オススメポイント〇
宇宙人からはうまく逃げきれても、「全員が同じタイミングで目的地に到達しなければならない」というルールもあるので、そう簡単にクリアさせてくれません!

「単独最後尾」の人のみ進ませることが出来る出目や、最後に足りない分を補ってくれるようなボーナスもマップ上にはあるので、考えながらうまくボーナスマスを目指したりしながら、ダイスを振りまくりましょう!!

でも黒い宇宙人の出目だけは振り直せないので要注意ですよ!!

取り返しのつかないことになるかも……


プレイ人数:2-5人 
プレイ時間:20-30分 
対象年齢:9歳以上


まとめ

今回の“オススメボードゲーム協力ゲーム編”いかがだったでしょうか!?

他の人と闘いながら1位を目指すボードゲームはもちろん楽しいですが、時にはこういったみんなで分かち合えるようなボードゲームもやってみると新鮮だったりします。

協力ゲームはまだやったことないなっていう方は特に是非手に取ってみてほしいですね!!

今回紹介したボードゲームのプレイ、ルール説明の動画もYouTubeの方で公開しておりますので、ぜひそちらもご覧ください!!

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】もどうぞよろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCBVqtgDiF_DVufeg7DAlkQw

【サブマーマンAsobiチャンネル】ではボドゲプレイのノーカット版も公開中!

https://www.youtube.com/channel/UC3QNlB-bzdVqWmdmB7k54Jw