【この料理を作ったのは誰だ!?】ルール解説とプレイ!【ボードゲーム紹介】

マーマンAsobiブログへようこそ!!

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】の動画に沿ってルールの解説と実際のゲームプレイの様子をお送り致します!!

今回はこちらの動画に沿って説明等していきます!!こちらもぜひご覧ください!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ゲーム説明

・ゲームの概要

むむっ!!

心に刺さる好物料理を作り、相手を唸らせよう!!

至極の料理を披露し合い、グルメ界で名声を競う推理カードゲーム。

日本屈指の美食評論家となり、食道楽に身を捧げたグルメ仲間が集うこの会席で、四季折々の逸品をオーダーし多くの者の舌を唸らせよう!

お品書きはなんと576品!

・ゲームの準備

・得点用紙の「1点」のマス目にプレイヤーコマを置き、今現在の季節と同じ季節のエリアに季節マーカーチップを置く。

・各プレイヤーは裏向きに混ぜた食材チップ、調理チップを1枚ずつ引き、他のプレイヤーに見えないように確認して手元に置く。

食材チップ6種類
(肉、魚、野菜、貝、きのこ、木の実)

調理チップ6種類
(焼き、蒸し、揚げ、煮物、刺身、汁物)

上記に加えて“味オンチチップ”が調理チップに加わっている。

この食材チップ×調理チップの組み合わせが

自分の好物料理となる

・食材カードと調理カードをそれぞれ裏向きに混ぜて山札を作る。

・各プレイヤーは2つの山札からカードを2枚ずつ引き手札にする。

⇒この時各プレイヤーは望むなら好きな枚数の手札を裏向きのまま捨て札にし、同じ枚数だけ引き直すことが1度だけ出来る。

〇Point〇
自分の好物料理チップと同じ種類の食材カード・調理カードを捨て札にすると良いでしょう。

・最も年齢の若いプレイヤーが最初の季節の開始プレイヤーとなり、ゲームスタート!

・ゲームの流れ

手番では下記の順番通りに行っていく。

1.カードを引く(1巡目は省略)
    ↓
2.料理を披露する
    ↓
3.判定を行う
    ↓
4.捨て札を決める

1つずつ紹介していきます!

1.カードを引く

・自分の手番が来たら食材カードと調理カードが2枚ずつ、合計4枚になるまで山札からカードを引く。

※1巡目は既に手札が4枚になっているので、この手順は省略する。

2.料理を披露する

・手札から食材カード1枚と調理カード1枚を組み合わせ、読み上げながら料理を披露する。

⇒このとき自分の好物料理チップと完全に同じ組み合わせの者は披露できない。

例:自分の好物チップの組み合わせが食材「肉」と調理「焼き」だった場合、「肉」+「焼き」の料理は披露できないが、「肉」+「蒸し」や「魚」+「焼き」の組み合わせは披露できる。

3.判定を行う

・披露された料理の組み合わせのうち、どちらか片方が自分の好物料理チップと同じだったプレイヤーは「むむっ!!」と唸りましょう。

※手番プレイヤーは自分自身の料理に対しては唸らなくて良い

・披露された料理の組み合わせのうち、両方が自分の好物料理チップと同じだったプレイヤーは「この料理を作ったのは誰だ!?」と敗北宣言する。

⇒敗北宣言が出れば【名声点の計算】へ

味オンチがいるかも!?

・調理チップの中に「味オンチ」が1枚あり、それを引いたプレイヤーは好物料理を持たず

どんな料理が出されても唸っても唸らなくてもよい

・好物料理が出ないまま季節が終わると味オンチ裁判が行われるので、味オンチ役は裁判で疑われないように唸りと料理を考えよう!

4.捨て札を決める

・判定の結果、誰からも敗北宣言が出なければ、手番プレイヤーは残りの食材カードと調理カードのうち、0~2枚を裏返しで捨て札とすることが出来る。

・その後は左隣のプレイヤーが次の手番プレイヤーとなる。

上記アクションを行っていき、全てのプレイヤーが規定品目数を披露したら【味オンチ裁判】へ

2人:各人5品 3人:各人4品 4人:各人3品

【名声点の計算】

・みごと好物料理を当てたプレイヤーは3点の名声点を得る。

・当てた料理に旬の食材が使われていた場合、追加で2点を得る。
⇒旬とは食材カードのお盆と得点用紙の季節に共通する植物
 (春→桜、夏→竹、秋→紅葉、冬→椿)

・好物料理を当てることが出来なかったプレイヤーも、敗北宣言を出したプレイヤーを唸らせていた場合、最大1点の名声点を得る。

※味オンチは、これらで名声点を得られません

【味オンチ裁判】

・誰からも好物料理が出ずに季節が終わった場合、味オンチが隠れているかを確認する「味オンチ裁判」を行う。

・味オンチだと思う怪しいプレイヤーがいると思った場合、自分の名声点1点を減らし、他のプレイヤーを疑うことが出来る。

・疑われたプレイヤーが味オンチなら、疑ったプレイヤーが2点の名声点を得る。

・疑われたプレイヤーが味オンチでないなら、疑われたプレイヤーが疑われた数×1点を得る。

・味オンチのプレイヤーは、誰からも疑われずに味オンチ裁判を終えた場合、4点の名声点を得る。

・次の季節とゲームの終了

・【名声点の計算】または【味オンチ裁判】を終えたら、この季節は終わり次の季節へ

・季節マーカーを次の季節へ移動し、好物料理や手札を戻してよく混ぜた後に引き直し、左隣の人が次の季節の開始プレイヤーとなる。

春夏秋冬全ての季節が過ぎた後、獲得した名声点の合計が最も高いプレイヤーの勝利!

【TSUTAYA online】

ゲームスタート!

それでは実際にやっていきましょう!!

・美食家たちの競演!

最初の季節は春!

ヨウマンが最初のスタートプレイヤーで
ゲームスタート!

ヨウマン1品目のオーダーは

“鰯の霜降り造り”

しかしこの料理にはダイマンの「うまそう」というガチの感想だけで、好物料理の人はおらず…

ダイマン1品目のオーダーは

“かぼちゃのてんぷら” 

この普通に美味しいであろうダイマンのオーダーに対して…

マーマンがむむった!!

ということはマーマンの好物料理は「野菜」または「揚げ」が入っているということが判明した!!

味オンチでなければね…

マーマン1品目のオーダーは

“桑の実の梅煮”

美味しいのかよくわからん通好みそうなこのオーダーに対して…

ヨウマンがむむった!!

ということはマーマンの好物料理は「木の実」または「煮物」が入っているということが判明した!!

味オンチでなければね…

ヨウマン2品目のオーダーは

“雲丹の西京焼き”

しかしヨウマンはまたしても誰にも興味を持たれず…

雲丹の西京焼きってめちゃくちゃ美味しそうだけどね…

ダイマン2品目のオーダーは

“秋刀魚の竜田揚げ”

これにも誰も反応せず!!

おかしいですねえ…

かぼちゃのてんぷらにはむむったマーマンが、秋刀魚の竜田揚げにはむむらない…

どちらも調理法は“揚げ”なので、調理法にむむったのではなく食材の“野菜”にむむっていたことが判明した!!

こういうふうに好物料理が暴かれていくんですね…
食材はすでに“野菜”とバレて、調理法も今まで出てないヤツで確定なのでマーマンかなりピンチです…

マーマン2品目のオーダーは…

“ひこま豚の洗い”

謎すぎるオーダーだが、これにヨウマンがむむる!!

これでヨウマンはマーマンのオーダーに2回連続でむむった!

“桑の実の梅煮”(木の実×煮物)

“ひこま豚の洗い”(肉×刺身)

上記2つでむむったので、ヨウマンの好物は

(木の実×刺身)もしくは(肉×煮物)ということが判明した!!

ちなみに“ひこま豚の洗い”は、じっくりしゅかしゅかたわしで豚を洗った料理です。

そうです。もはや料理ではありません。

ヨウマン3品目のオーダーは

“かぶの酒蒸し”

ここでマーマン敗北宣言

マーマンの好物料理は“野菜×蒸し”でした!!

ちなみにヨウマンの好物料理は“肉×煮物”

ダイマンの好物料理は“きのこ×汁物”でした。

好物料理を当てたヨウマンは名声点3を獲得!!

そしてダイマンもマーマンをむむらせていたので、名声点1を獲得!!

・決着の冬

※夏、秋に関しては動画をご覧ください。激戦が繰り広げられております。

秋までの名声点は

ヨウマン7点 マーマン5点 ダイマン2点

最後の季節“冬”で逆転はあるのか!?

ヨウマン1品目のオーダーは

“あさりの磯部揚げ”

これにはダイマンがむむった!!

1品目からいきなり収穫あり!!

ダイマン1品目のオーダーは

“ひこま豚の煮浸し”

これにはマーマンがむむった!!

今回はひこま豚煮浸しにしたみたいです。

マーマン1品目のオーダーは

“栗の土佐煮”

これにはヨウマンがむむった!!

1周目で早くも全員が1回ずつむむる展開に!

ヨウマン2品目のオーダーは

“ヒラタケのうしお汁”

これにマーマンが2回目のむむり!!

マーマン早くも追い込まれる…

しかし追い込んでからなかなか決めきれず、最後の最後ダイマンの4品目

“馬肉の味噌汁”

これにマーマンが敗北宣言!!

馬肉の味噌汁って美味いのでしょうか…

・結果発表

春~冬まで終わったので、ゲームは終了!!

最終結果は…

1位 ヨウマン 8点

2位 マーマン 5点

2位 ダイマン 5点

優勝はヨウマン!!

好物料理を当てるのはもちろん重要ですが、1回でも唸らせておいて1点ずつ取っておくのも重要ですね!

まとめ

2019年7月に北海道ボドゲ博1.0にて新発売した今作

まず「この料理を作ったのは誰だ!?」という題名に惹かれますよねー

正体隠匿ゲームながら様々な組み合わせの料理が作れるので、パーティゲーム的な楽しみ方も出来ますね。

出された料理にいちいちツッコミを入れられるのも面白ポイントです!

「むむっ!!」や「この料理を作ったのは誰だ!?」というセリフがあるのも、その世界観に入り込める一役を担っていると思います!!

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】もどうぞよろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCBVqtgDiF_DVufeg7DAlkQw

【サブマーマンAsobiチャンネル】ではボドゲプレイのノーカット版も公開中!

https://www.youtube.com/channel/UC3QNlB-bzdVqWmdmB7k54Jw

ネットで買い物するならcolleee