【まじかるパティスリー】ルール解説とプレイ!【ボードゲーム紹介】

マーマンAsobiブログへようこそ!!

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】の動画に沿ってルールの解説と実際のゲームプレイの様子をお送り致します!!

今回はこちらの動画に沿って説明等していきます!!こちらもぜひご覧ください!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ゲームの概要

舞台は洋菓子店!お菓子作りしよう!!

でも自分が作るお菓子の担当が分からない??

マエストロの担当のお菓子を作ったら怒られる!?

こんな理不尽な職場で上手にお菓子を作ることが出来るでしょうか???

推理とブラフのお菓子作りゲーム

・ゲームの準備

・まずプレイ人数に応じた事前準備をします。

・今回は3人プレイなので、「マカロン」をゲームから除外する。

⇒「マカロン」のたんとうカードと、「マカロン」の含まれたお菓子カードを全て箱に戻す。

・カード立てをプレイヤーに1つずつ配る。

・たんとうカードをシャッフルして、1枚ずつ裏向きに各プレイヤーに配る。
⇒各プレイヤーは他のプレイヤーに表側が見えるようにカード立てに挿して配置する。

たんとうカード 5種 (3人プレイの場合)
モンブラン、ショートケーキ、ジェラート、ガトーショコラ、タルト

・たんとうカードは2枚余るので、余ったうち1枚は裏向きのままテーブル中央に置き、マエストロチップを乗せて「マエストロのたんとうカード」にする。

・残り1枚は裏向きのままテーブルわきに置き、「あまりのたんとうカード」にする。

・お菓子カードをシャッフルし、7枚ずつ裏向きに各プレイヤーに配り手札とする。
⇒余ったお菓子カードは裏向きの山札としてテーブル中央に置く。

・魔法カードもシャッフルし、3枚ずつ裏向きに各プレイヤーに配り手札とする。
⇒余った魔法カードは次のラウンドまで使用しないので、箱にも戻す。

・ゲームの流れ

1つのラウンドは【魔法フェイズ】と【お菓子作りフェイズ】をまとめて1ターンとし、このターンを全5ターン行う。

①魔法フェイズ

・各プレイヤーは手札にある魔法カードを使用するかどうかを決定する。

・魔法カードを使用するプレイヤーは、自分の手札から魔法カードを1枚選び、自分の手前に裏向きに出す。

・魔法カードを使用しないプレイヤーは「このターンは魔法を使用しない」と宣言する。

・魔法カードを使用する全員がカードを出し終えたら、全員のカードを一斉に表向きにする。
⇒出されたカードのうち魔法の発動順番の数字が小さいものから、カードに書かれている魔法の効果を処理する。

・全ての魔法効果の処理が終了したら、使用した魔法カードはテーブル中央の捨て札置き場に表向きに置き、お菓子作りフェイズに移行する。

②お菓子作りフェイズ

・お菓子作りフェイズでは、各プレイヤーは手札のお菓子カードから1枚を選び、自分の手前に裏向きに出す。

・全員がお菓子カードを出し終えたのを確認し、全員のカードを一斉に表向きにする。

・自分が出したお菓子カードは他の人に見えるように、自分の手前に左から順番に並べて置く。

①魔法フェイズと②お菓子作りフェイズをまとめて1ターンとし、これを全5ターン行う。
(自分の前に5枚のお菓子カードが並んでいる状態)

・ラウンドの終了と得点計算

・5ターン目のお菓子作りフェイズが終了したら、ラウンド終了となり得点計算を行う。

・得点計算では、まず「あまりのたんとうカード」を表向きにし、次に「マエストロのたんとうカード」を表向きにする。最後に各プレイヤーのたんとうカードをカード立てから外し、自分を含めて全員が見えるように表向きにする。

・自分が場に出したお菓子カードを以下のルールに従い得点計算し、得点分のごほうびチップを受け取る。

自分のたんとうのお菓子
1つにつき +2点

他のプレイヤーのたんとうのお菓子
1つにつき +1点

マエストロのたんとうのお菓子
1つにつき -2点

・1枚のカードに2~3種類のお菓子が含まれている場合、カードに含まれている全てのお菓子について得点計算する。

・ラウンド終了時、得点計算した結果がマイナス点になることがあってもマイナス点にはせず、最低点は0点とする。

・いずれか1人のプレイヤーが以下の得点を獲得した時点でゲーム終了となり、最も早く達成したプレイヤーの勝利となる。

2人プレイ時 16点

3人プレイ時 18点

4人プレイ時 20点

ゲームスタート!

それでは実際にやっていきましょう!!

今回は3人プレイなので「マカロン」は抜いております。

・それぞれのたんとう

まずはそれぞれのたんとうお菓子決定!!

ヨウマンのたんとうは“モンブラン”

ダイマンのたんとうは“タルト”

マーマンのたんとうは“ガトーショコラ”

・いざお菓子作り!

最初の魔法フェイズでは全員が魔法を使用!!

数字が最少のダイマンから魔法の効果を発揮する。

ダイマンの魔法“グラサージュ”

1.グラサージュ(魔法カード)

自分1人があまりのたんとうカードをチェックすることができる

これは強力な魔法ですね!!
あまりのたんとうカードを知ることが出来るので、かなり推理しやすくなります!

続いてヨウマンが魔法を使う!

6.フランベ(魔法カード)

手札のお菓子カードを2枚公開して捨て札にした後、山札からお菓子カード2枚を新たに手札に加えることが出来る。

ヨウマンが捨てたお菓子カードはなんと自分のたんとうお菓子であるモンブラン2枚!!

自分のたんとうを知らないって怖いですね…

マーマン&ダイマンは思わずリアクションしちゃいましたね
でもこの怖さがこのゲームの面白さです!!

最後はマーマンが魔法を使用!

12.パルフュメ
このターンのお菓子作りフェイズでは、お菓子カードを2枚出し、全員の出したお菓子カードを確認した後に1枚を手札に戻す。

他のプレイヤーが出したお菓子カードを見てから、自分のお菓子カードをどちらにするか決めることが出来るカード!!

これで全員が魔法を使ったので、お菓子作りフェイズへ!

作ったお菓子は

ヨウマン⇒ジェラート、ショートケーキ、ガトーショコラ

ダイマン⇒ガトーショコラ、タルト

マーマン⇒タルト、ジェラート、モンブラン

当然まだまだみんな手探り状態…

しかし!他のプレイヤーが作ったお菓子にこそヒントが隠されているので、ここで上手く推理できるかがポイントになってくる!!

ヨウマンとダイマンがどちらもガトーショコラを作っているので、マーマンが自分のたんとうがガトーショコラだということに気付けるか!?とか…

確定は出来ないけど、自分の担当はあれっぽいな…みたいな予測は出来ますね!
それにしてもダイマンは一発目から自分の担当を作っている…恐ろしい…

続く2回目のお菓子作りフェイズ

ヨウマン⇒ガトーショコラ、タルト、ジェラート

ダイマン⇒ガトーショコラ、ジェラート、モンブラン

マーマン⇒タルト、モンブラン、ショートケーキ

それぞれが他の人のたんとうのお菓子を全て作っているので、ここらへんで気付くことが出来るか!?

他のプレイヤーのたんとうを作っても得点になるので作りたいけど、あからさまに作りすぎるとバレてしまう…
そこのジレンマが面白いです!!

・迷走するもの、気付くもの

3回目のお菓子作りフェイズ

ヨウマン⇒モンブラン、ガトーショコラ、タルト

ダイマン⇒ショートケーキ、ガトーショコラ、タルト

マーマン⇒ガトーショコラ、モンブラン

あからさまにガトーショコラを作りまくっているので、マーマンは自分のたんとうがガトーショコラだと気付いた!!

ダイマンも恐らく自分のたんとうに気付いているが、ヨウマンはダイマンに惑わされてるっぽい…

マーマンは毎回ヨウマンのモンブランを作ってるけど、ダイマンが1度しかモンブランを作っていないというところがヨウマン的には引っかかってるかもですね…

4回目のお菓子作りフェイズ

ヨウマン⇒タルト

ダイマン⇒モンブラン、タルト

マーマン⇒ガトーショコラ

マーマンとダイマンは間違いなく気付いていますね!

ヨウマンはもう迷宮入りでしょうか…

一回わけわからなくなるともう戻ってこれないのがこのゲームの怖いところですね!

・起死回生?

ヨウマンは最後の魔法フェイズで“ガルニール”を使用!

4.ガルニール
自分がすでに作ったお菓子カード1枚を、他のプレイヤーがすでに作ったお菓子カード1枚と交換できる

ヨウマンは自分の「ジェラート、ショートケーキ、ガトーショコラ」を
ダイマンの「モンブラン、タルト」と交換した!!

ヨウマン自分のたんとうに気付いたようですね!
これは大きな一手になるかもしれません!

第1ラウンド最後のお菓子作りフェイズ

ヨウマン⇒ジェラート、ガトーショコラ

ダイマン⇒ジェラート、ショートケーキ、タルト

マーマン⇒ショートケーキ、ガトーショコラ

これにて第1ラウンド終了!!!

・恐怖のマエストロ

マエストロのたんとうカードは一体何だったのか…

まずあまりのたんとうカードは「ショートケーキ」

ということはマエストロのたんとうカードは…

マエストロのたんとうカードは「ジェラート」でした!!

それぞれの得点を見ていきましょう!

マーマンは自分のたんとうにいち早く気付き、マエストロも最小限に抑えた結果、9点を獲得!!

ヨウマンはマエストロが「ショートケーキ」だと思っていたらしく、あまりの「ショートケーキ」を意味も無く全力回避!!

しかし他のプレイヤーのたんとうカードをたくさん作っていたため、得点を7点まで伸ばした!

早々にあまりのたんとうカードを確認していたダイマンだったが、なぜかマエストロのたんとうを3つも作ってしまい、大きなマイナスに…
5点に終わってしまった

この流れを3人プレイであれば誰かが18点を超えるまで行っていきます!
動画では最後までプレイしておりますので、気になる方は是非動画をご覧ください!!

まとめ

「まじかる☆ベーカリー」シリーズでゲームマーケットでは特に大人気の『MAGI』さんの最新作を紹介いたしました。

“逆正体隠匿”的なゲームで、自分の正体が分からないままゲームを行っていくのはかなり新鮮でした!

他のプレイヤーのたんとうを出せば得点は稼げるけど、やりすぎるとバレちゃうし…というジレンマが難しいところで、面白い点でもあります。

相変わらず絵も可愛いデザインで、子供や女性もファミリーで楽しめるゲームだと思います!!

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】もどうぞよろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCBVqtgDiF_DVufeg7DAlkQw

【サブマーマンAsobiチャンネル】ではボドゲプレイのノーカット版も公開中!

https://www.youtube.com/channel/UC3QNlB-bzdVqWmdmB7k54Jw