【ハイソサエティ】ルール解説とプレイ!【ボードゲーム紹介】

マーマンAsobiブログへようこそ!!

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】の動画に沿ってルールの解説と実際のゲームプレイの様子をお送り致します!!

今回はこちらの動画に沿って説明等していきます!!こちらもぜひご覧ください!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ゲームの概要

私たちはお金持ちである。

今日までに莫大な富を築いてきた。

では、これほどのお金を持っている私たちに足りないものは何か?

それは自身の栄華を証明するための贅沢な品々である。

巨大な屋敷、高級な自動車、さらに船、そして飛行機!

これらの獲得を通じて最たる名声を築き上げたプレイヤーがこのゲームの勝者である!!

要は競りゲーである。

でもお金の使い過ぎには注意してくださいね…

・ゲームの準備

・オークションタイル16枚をよく混ぜて山札とし、中央に置く。

オークションタイルには下記3種類がある

ステータスタイル 計10枚
1~10までの数字のタイル

アウォードタイル 計3枚
得点が2倍になるタイル

トラブルタイル 計3枚
下記3種類の取りたくないタイル

・点が半分になってしまう1/2タイル
・-5点のタイル
・ステータスタイル1枚を失ってしまうタイル

・マネーカードが色ごとに11枚(1/2/3/4/6/8/10/12/15/20/25)あるので、各プレイヤーは色を選んでその色のマネーカードを全て受け取る。

・ゲームの流れ

・山札の一番上のタイルを公開し、競りによってそのタイルを獲得していく。

競りには2種類ある

ステータス/アウォードタイルの競り
(獲得を狙っての競り)

スタートプレイヤーは以下のいずれかを行う

・タイルの獲得を希望して手札のマネーカード1枚以上を出し、競り値を宣言する

・競りから降りる(パス)

・以降のプレイヤーは競りに参加する場合、前のプレイヤーの競り値を超える必要がある。

・競り値を付ける際、手札のマネーカードは何枚出してもよい。

・2周目以降はパスしたプレイヤーは飛ばし、競り値を付けているプレイヤーはそれまでに出しているカードにさらに手札から加える。

⇒2周目以降にパスしたプレイヤーは、その競りで出していた自分のカードをすべて手札に戻す。

・1人以外全員がパスしたらその1人がタイルを落札し、値付けに使用したカードを全て捨て札にする。

トラブルタイルの競り
(獲得を避けるための競り)

トラブルタイルの競りでは、ステータス/アウォードタイルの競りとは異なり、獲得しないための競りになるので、パスした人がタイルを獲得する。

スタートプレイヤーは以下のいずれかを行う

・タイルの獲得を避けるため手札のマネーカード1枚以上を出し、競り値を宣言する。

・競り値を付けずにタイルを獲得する(パス)

・以降のプレイヤーは競り値を上げるか、競り上げずに獲得を了承する(パス)かを選択する。

・パスしたプレイヤーはそのタイルを受け取り、この競りで出したカードがあれば手札に戻す。

・そのほかのプレイヤーは、この競りで出したカードを全て捨て札にする。

⇒これはトラブル回避の対価である

・めくられたタイルに応じてこの2種類の競りを行っていく。

・タイルを獲得したプレイヤーが次の競りのスタートプレイヤーとなる。

・ゲームの終了

・4枚目の赤枠タイルがめくられたら、その競りを始めることなく即座にゲーム終了。

⇒赤枠のタイルは全4枚
 (2倍のタイル×3、1/2のタイル×1)

・ゲームが終了したら手札のマネーカードを公開し宣言し、最も少ないプレイヤーは失格。

お金をある程度残しておかないとこの時点で失格になってしまう

・獲得したタイルを全て合計し、得点が最も高いプレイヤーの勝利

ゲームスタート!

それでは実際にやっていきましょう!!

大富豪による大富豪のための競りスタート!!

・我々は大富豪

最初のオークションタイルは“5”

今回の富豪たちは

マーマン、ナオマン、ヨウマン、ダイマンの4人

最初はまず中間くらいの“5”が来ましたね!
様子見にはちょうどいい競りになりそうです。

最初のスタートプレイヤーマーマンはまず“10”を出した。

その後ナオマンは“12”、ヨウマンは“14”と競り上げていく。

そんな富豪たちの金使いに動揺を隠せないダイマン…

さすがにここはパスするのか…

ダイマンは恐がりながらも“20”を出した…

なんだこいつ…

ダイマンはこういうやつでございます。

その後全員が潔くパスしていき、ダイマンが20金で“5”を落札!!

次のオークションタイルは“2×”!!

自分の得点が2倍になるタイル!

これは落札できればかなり大きいですね。

先ほど競り落としたダイマンからオークションスタート!

最初のダイマンがいくら出してくるのか全員ビビっていたが、ダイマンが出したのは“6”

かなり良心的だった。

その後はマーマン“12”、ナオマン“16”、ヨウマン“20”を出して

再びダイマンの手番へ…

ダイマン、刻む。

ダイマンは節約を覚えたようです。

その後マーマン“27”、ナオマン“29”を出す。

ここは“2×”ということで全員なかなかパスしない!!

ここでヨウマンが“35”!!

ガチで取りに来た!!

次は鬼門ダイマンだが…

ダイマンは“37”!!

これにはマーマン&ナオマンはパス。

ヨウマンとダイマンの一騎打ちに!!

ヨウマンは最終的に“39”まで引き上げ、“2×”を意地の獲得!!

大丈夫か?ヨウマンそんなに使って大丈夫かい??

・トラブルタイル

次は“1/2”タイルが登場

トラブルタイルなので獲得を避けるための競りとなり、パスした人が受け取ることになる。

この“1/2”を受け取ったのはナオマン!!

しかし受け取らなかった3人はそれぞれ
マーマン“30”、ダイマン“24”、ヨウマン“21”を支払った!

受け取ったナオマンは1/2になってしまうので、痛いのはもちろんですが、他3人もかなりの出費でした…
誰も嬉しくない競りですね。

その後の競りでナオマンは32金を使い、“8”を獲得。

マーマンは35金を使って“9”を獲得。

トラブルタイル“ゼロスラッシュ”

これを落札したら自分が持っているステータスタイルが除外になってしまうとんでもないタイルである…

特に“8”や“9”しか持っていないナオマンやマーマンが獲得してしまったら大ダメージに…

競りの結果、マーマンが受け取ることに…

これによりマーマンは持っていた“9”を失った。

痛恨すぎます。

・本当の大富豪は?

その後、マーマンは2金で“2”を獲得。

ヨウマンが25金で“6”を獲得。

しかしヨウマンはこの落札により残りの手札が1枚に…

ナオマンはその後“7”と“2×”を獲得!!

見事に“1/2”の相殺に成功!!

そして…

ここで4枚目の赤枠タイルが出たためゲーム終了!!!

まずは残金が最も少ないプレイヤーが脱落する!!

残金

マーマン 390億

ダイマン 320億

ナオマン 100億

ヨウマン 20億

ヨウマン脱落

いや、さすがに使い過ぎですよヨウマン君

ということで結果発表!!

ヨウマンは脱落してしまったので得点は関係ありません

結果発表

1位 ナオマン 15点

2位 ダイマン 10点

3位 マーマン  2点

脱落 ヨウマン

優勝はナオマン!!

ナオマンは序盤“1/2”を獲得しましたが、最後に見事相殺させたのが大きかったですね!!

まとめ

『ハイソサエティ』は競りゲーの中でも、競りのやり方はとてもシンプルで分かりやすいですね!

ただ皆が受け取りたくないトラブルタイルの場合の“受け取らないための競り”であったり、最終的に残金が少ないプレイヤーが脱落してしまうシステムがあったりするので、そこが面白くて悩むポイントだと思います。

競りゲーはシンプルなものが多いですが、とにかく悩みますよねー

ガチで取りに行っても取れなかったり、でもやりすぎるとお金が無くなったり…悩み始めるとキリがないのが競りゲーですね…(笑)

youtubeチャンネルの【マーマンAsobiチャンネル】もどうぞよろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCBVqtgDiF_DVufeg7DAlkQw

【サブマーマンAsobiチャンネル】ではボドゲプレイのノーカット版も公開中!

https://www.youtube.com/channel/UC3QNlB-bzdVqWmdmB7k54Jw